Search this site
カラーアナリストのヴィジュアルコラム
アンテナにひっかかったモノ・人・コトを取り上げます
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
モード ミュージック アート
ファッション(モード)
音楽(ミュージック)
芸術(アート)

この3つの世界は
私には切り離して考えることのできない
セットでひとつのものだと思っていて
この考えはティーン時代から変わっていません。

先日、空間デザイナーの方とお会いしたとき
話の流れでこのことを口にしたら
彼女も十代から音楽と映像の世界に影響を受けてこられたことを
話してくださって
そんなことも含め、ひとときの間だったけれど
彼女からは良い刺激をもらったなあ
と、心が弾んだ1日でした(Mさん、ありがとうございます♪)。

3つの世界はリンクしていて
インスパイアし合って成り立っていると思います。

今季春夏、ファッションの傾向は
これまでのシーズンと比べてアート色の濃いものが出てきます。
“モード・ミーツ・アート”
なんて、某誌では早々と昨年から謳っていましたが
アート作品を連想させる色づかいやプリントがたくさん出ており
カラフルで楽しいムードです♪
posted by momo | 23:01 | visual & culture | comments(0) | trackbacks(0) |
マライア・キャリー Touch My Body
今月は
ジャネット姐さんのニューアルバム"Dicipline"
発売されますが
なんっとマライア(・キャリー)も4月にアルバム"E=MC2"を出すようです☆
この2人、現在同じレーベル(デフ・ジャム)にいるのですね。

マライアの新曲"Touch My Body"が
フルヴァージョンで試聴できます♪こちら

2人ともプロデューサー陣は大物揃いです。
前作"MIMI"の来日公演でマライアを観てきた私。
また日本でやってくれるでしょうか。
とくに姐さん!!来て欲スィ。
posted by momo | 23:58 | visual & culture | comments(0) | trackbacks(0) |
第50回グラミー賞 その3 ファーギー
ブラック・アイド・ピーズの紅一点。

ソロでも順調に勢力を広げ
今回のグラミーアワードでは
最優秀女性ポップヴォーカル賞にノミネートされたファーギー。
アネゴ的な貫禄を備えつつ
遊び心、ガーリー心を心得ているあたりが、好きです。

顔はイカツイのだけれどボディは華奢でスタイル抜群☆
という妙なコンビネーション具合も
この人の魅力になっているように思います。
今回のグラミーイベントでのファッションも
作りこんでいないユルさと、飾り立てずシンプルにまとめているところが
オシャレ上級者を感じさせ、ステキです。

無駄に飾らずして美しいことが、本当の美しさ
というのは私の信念でもあります。
飾り立てて美しいのは当然のことで
最小限まで装飾を削ぎ落として美しいほうが
美しさとしては上なのではないか、と思います。

高級ブランド品に身をつつんで美しいことより
シャツにデニムパンツで美しいほうが
その人自身の美しさという点でいえば
本物なのではないでしょうか(あくまで私感です)。

グラミーアワード(左)、グラミー・アフターパーティ(右)でのファーギー。
イエローのドレスはカルバン・クライン。白いドレスはどちらのものかわかりませんが、カワユい☆好みであります。

 

 (左)グラミーアワードのパフォーマンスでの
 ドレスはヴェルサーチ。

 (下)グラミー・プレパーティでのファーギー。
 一緒に映っている踊り子のような方は
 ジャネット姐さんです。
 (ビヨンセよりこっちのほうが木の実ナナ
 って気もします)
 姐さんのドレスはエスカーダだそう。

posted by momo | 23:17 | visual & culture | comments(0) | trackbacks(0) |
第50回グラミー賞
ついにやってきました、グラミーアワード☆

今回はエイミー・ワインハウスが5部門を制したということで
話題になっておりますな。

ノミネートされていたビヨンセ
アギちゃん(クリスティーナ・アギレラ)
ジャスティン(・ティンバーレイク)
アリシア・キーズ
カニエ・ウェスト(以上、部門関係なく挙げています)あたりが
個人的に日頃ヒイキにしているので気になるところでしたが

アリシアの"No One"
最優秀女性R&Bボーカル賞と最優秀R&Bソング賞

ジャスティンが"What Goes Around ... Comes Around"
最優秀男性ポップボーカル賞
"LoveStoned/I Think She Knows"で最優秀ダンスレコード賞

カニエたんがアルバム"Graduation"で最優秀ラップアルバム賞を含む
4部門で受賞です☆

ちなみに
最優秀ラップコラボレーション賞は
リアーナ feat. Jay Z"Umbrella"
最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム賞は
Ne-Yoの"Because of You"が獲った模様。
posted by momo | 23:03 | visual & culture | comments(0) | trackbacks(0) |
アーティとヒース・レジャー
空間デザイナーの方とお会いする機会がありました。

どんなデザイナーが好きか
だれの写真が好きか
どういうテイストのインテリアが好きか
どんな雑誌を読むか

など
会話がスムーズに広がっていくのが楽しく
とても良い刺激をいただいたなあと思った1日でした。

アンリ=カルティエ・ブレッソンが好きという共通点から
マグナムフォトやR・キャパの話まで
なかなかこうした話を共有できる方にお目にかかる機会って、あまりなく
だけど本当のところは、すごく出会いたい。

共有することで、さらに理解が深まったり
同じ物事についてちがう見方を知ったり
ひとりで考えているだけでは絶対たどり着かない、広がりがあると思うので
アーティなお知り合いを増やしていきたいです。
ならアタシ(もしくはオレ) と思われた方、ご一報くださいまし。

ところで
どうでもいいコトではありますが(なら書くなって?)
ヒース・レジャーが急死していたそうで驚きました。
ブラッド・レンフロくんといい、子犬系つぶらな瞳美男が相次いで急死
というのはなんだかタダごとではない、と勝手にまた想像しつつ
しかし実際のところ、この2人の死はまったく関係ないものと思われます。

個人的には
過去に「ロック・ユー!」を観てタイプかも と思ったという
なんとも単純ミーハーな思い出が印象深いですが(苦笑)
その後観たアカデミー賞作品「チョコレート」での役どころや
その後の活動ぶりからみて
単なるイケメンというだけの人ではなかったんだろうなと思います。

昨年のアカデミー賞では主演男優賞にノミネート。
授賞式では、フィアンセのミシェル・ウィリアムスとのツーショットが
ファッションとともにレポートされました。
受賞は逃したものの
今年のアカデミー賞有力作品「アイム・ノット・ゼア」にも出演している
ということで
役者としてはノリノリだったと思われるだけに(同時に苦悩があったことが死の引き金のようだけれど)、残念です。
posted by momo | 22:26 | visual & culture | comments(0) | trackbacks(0) |
パーソナルカラー診断


昨年
パーソナルカラー診断に彼氏さんを連れて来てくださったRさま。
今回、お母様と妹さんご夫婦の診断をさせていただきました。



とっても若々しくて可愛らしいお母様と
ヴィヴィッドな色がものすごくお似合いになる妹さん♪

脱・黒を希望していらっしゃったご主人。
黒だときつい印象になっていたので
ネイビーを合わせたら印象ががらりと変わられました。
「次はネイビーのスーツに挑戦します☆」とのご感想
ご夫婦でカラーを楽しんでみられるのも面白いと思います。

楽しいお時間を、どうもありがとうございました。

inSpice color
posted by momo | 00:48 | other | comments(0) | trackbacks(0) |
ジャクソン・ポロック
ポロック 2人だけのアトリエ
ポロック 2人だけのアトリエ

1940年代アメリカ
アクションペインティング
という手法で知られたジャクソン・ポロックの生涯を描いた映画。


アメリカ現代美術の創始者ともいえる人です。

キャンバスの枠関係なく、壁に描くようにペンキをたたきつけたり
キャンバスを床に置いて
上下関係なく全方向から絵の具を直接滴らす。

この映画
エド・ハリスが10年の構想期間をかけて作った作品で
主演・監督・制作を務めているのですが
姿からひとつひとつの動きまで、演技と思えないポロックそのもの。
研究し尽くしている彼の想い入れが伝わってきます。

ちなみに
最近、連日で取り上げているステファニー(・シーモア)が
ちょい役で出演しています。

(この話題は旧ブログでも取り上げました。旧ブログの読者の皆さま、被っていましてゴメンくださいまし。)
posted by momo | 19:37 | visual & culture | comments(0) | trackbacks(0) |
08S/S広告キャンペーン ルイ・ヴィトン その2
昨日の続きで
MJ(マーク・ジェイコブス)率いるLVネタを。

今季のアドキャンペーンのメイキング映像です。
MJと、ステファニー、ナオミによるコメントあり。やっばいよ〜。
こちら

ナオミのオデコの美しさに目を奪われつつ
それにしても
ぶよぶよに太っていくかに見えた頃とは別人の、見違える美しさのMJ。
輝いています。

エヴァ、クローディア、ナオミ、ステファニー、アンジェラ、ナタリア
新旧交えたトップモデルの競演☆

こんな映像、なかなか拝めないかもしんない・・・
posted by momo | 16:58 | visual & culture | comments(0) | trackbacks(0) |
08S/S広告キャンペーン ルイ・ヴィトン


今季はリチャード・プリンスとコラボ。
ランウェイでは
スーパーモデル12人がナースウェアで登場して話題をさらった
マーク・ジェイコブス率いるルイ・ヴィトン。
キャンペーンヴィジュアルも、派手です(メンツがね)。



エヴァ(・ハーツィゴヴァ)、ステファニー
2大ビッグモデルの起用どころではありません。



このメンツ、なに?
と言いたくなる豪華っぷりです。やべー(←やべー なんて言っちゃった。)
posted by momo | 23:57 | visual & culture | comments(0) | trackbacks(0) |
カルテル「マドモワゼル」


インテリアアイテムを探していたら
なつかしい逸品を見つけました。

Kartell(カルテル)のチェア
フィリップ・スタルクによる「マドモワゼル」

これ
ちょうどキッチン・インテリアの仕事をしていた年のミラノ・サローネに
出展されたもので
当時、ものすごく惹かれたのを覚えています。

カルテルのプラスティック技術から生まれた美しいクリアな脚と
カラフルなファブリックのコンビネーション
デザインもとってもキューティ♪
今見てもやはり、たまりません。
posted by momo | 21:38 | visual & culture | comments(0) | trackbacks(0) |